お問い合わせ:メール | ストア

私たちの考えるユニバーサルデザイン

ホームUDとは

一般的なユニバーサルデザイン

最近耳にすることの多いユニバーサルデザインやバリアフリー、アクセシビリティやダイバーシティ、インクルージョンという考え方ですが、その定義はどれも曖昧で厳密なものはありません。

ユニバーサルデザインを始め、メスを入れる分野や手法は違えど、どれも障害者や高齢者、外国人などが一般社会において行動する上で生じる障壁を、無くしていくことを目指した考え方です。
次のセクションでは、ユニバーサルデザインと似たような使われ方をするバリアフリーやダイバーシティについて、その意味を解説いたします。

バリアフリーとは

バリアフリーとは、誰かにとっての障壁や障害(バリア)を取り除く(フリーにする)ことを指します。
主に道や建物、公共交通機関などといった施設(ハードウェア)に関して言われることの多い表現です。

身近な例としては、視覚障害者が歩きやすいように敷かれた点字ブロックや、車いす利用者や高齢者が通れるように作られたスロープなどがこれに当たります。
ただし、視覚障害者のための点字ブロックが、車いす利用者にとっての障壁となることもあるため、あくまで「誰かのための」施策として講じられることが多い傾向にあります。

また近年では心のバリアフリーといった表現も出てきています。
これはいわゆる健常者を含めた多様な人同士が、コミュニケーションを取る際に感じる心理的障壁を取り除こうという意味で用いられています。

ダイバーシティ

ダイバーシティは比較的最近登場したもので、町や社会全体で多様な人を受け入れようという考え方です。
ここでは製品やサービスなどとは異なり、他人との差を理解し合い、それを活用しようとする社会づくりを指します。

よく「ダイバーシティに向けた取り組みとして〜」といった表現で使われ、主に制度や規則といった決まり事を再考したり、多様な人を受け入れるための心理的素地づくりをしたりといった施策が行われています。

アクセシビリティ

アクセシビリティとは、目的や情報へのアクセスの容易性を表す言葉です。
特にWebの業界で用いられることが多く、Webサイト上に掲載する情報に対して、ユーザーのアクセスのしやすさを確保する際に使われています。

具体的には、全盲者であれば音声で読み上げ、弱視者であれば拡大・反転・高コントラストなどの支援機能を利用してWebサイトを閲覧します。
こうしたユーザーの使用環境がどのような形態であれ、同様の質で情報を得られるようにすることが重要なポイントになります。

インクルージョン

インクルージョンとは日本語で、包摂という意味になります。
近年ではインクルーシブ教育やソーシャルインクルージョン(社会的包摂)という言葉の中に登場しています。

例えば教育の現場において使われるインクルーシブ教育は、これまで特別支援学校や特別支援学級のみで教育を受けてきた児童に対し、一般の小学校や中学校などのクラスで健常児と共に学べるようにする仕組みを指しています。
このように、これまで一般的な集団から除外されていた人々も巻き込んでいくことを、インクルージョンと表現しているのです。

真のユニバーサルデザインとは

多様な人々が生活しやすくなるために、様々なアプローチがなされていることがお分かりいただけたかと思います。
しかし現在の状況は、多様性の中にいわゆる健常者と呼ばれる人々は含まれているでしょうか?

例えば見やすさを追求して大きくはっきりとした文字で書かれた資料。青になると音声のなる信号。歩きやすく整備された山道。。。
そこに健常者の目を楽しませるデザインや心地の良い日常、エキサイティングな体験といった要素が付加されているでしょうか?

私たちは、障害者や高齢者を極端なニーズの持ち主であり、いわゆる健常者が潜在的に感じているニーズを発見する起点と捉えています。
極端なニーズを包含しつつ一般のユーザーをターゲットとして考えることで、誰もが使いたくなるモノやコト、つまり真の意味でユニバーサルなデザインを実現できると考えているのです。